保育園のインテリアの色の組み合わせ:60のアイデア

部屋は美しく装飾されているか快適であるだけでなく、機能的でなければならないので、保育園のインテリアのカラーソリューションの選択は非常に重要です。子供たちだけでなく、カラフルな色よりもパステルカラーや落ち着いた色を好む大人もここで過ごします。しかし、子供は明るい色に囲まれて遊んだり、勉強したり、リラックスしたりすることができるので、部屋を正しく飾る方法を理解する必要があります。保育園のインテリアの色の組み合わせを選択する方法に関する心理学者とデザイナーの推奨事項は次のとおりです.

デザイナーのアドバイス

保育園を飾るときは、部屋の所有者に相談する必要があります。所有者は自分の意見を表明する必要があります。両親は部屋を整えるときに赤ちゃんの希望を考慮に入れることをお勧めします.

暗い色と明るい色のどちらかを選択するときは、後者を優先してください。子供は明るい部屋でより快適になり、保育園の最適な解決策は、色調の知覚のための「光」と見なされ、カラフルなアクセント(さまざまなアクセサリーや装飾要素)の素晴らしい背景として機能します.

アクロマティックパレットを選択するときは注意してください。彼らが言うように、灰色、黒、白の色合いは「純粋な形で」使用されるべきではありません。ポジティブな感情は子供に完全に異なる色の組み合わせを与え、明暗のコントラストは、特に年少の子供たちに、ネガティブな心理的態度を生み出します.

不調和なトーンを選択しないでください。 2つの原色のみを選択することをお勧めします。白はパレットを薄めるのに役立ち、他の色合いをより飽和させて風通しの良いものにします。.

子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-デザインのヒント 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-デザインのヒント

配色の選び方

保育園の色を選択する際に考慮すべき有能な心理学者からの一般的なヒントがあります。色合いの心理的影響に関連する瞬間は、部屋での快適さに直接影響します。メインスペクトルの色とその色合いを見てみましょう.

青と青は神経系にプラスの効果をもたらしますが、特に部屋が小さな子供用である場合は、この目的のために明るい色のみを使用することが重要です。青と砂、黄、桃を組み合わせることができます。このような組み合わせは、非常に活動的な赤ちゃんにとって重要な神経系の過剰興奮を排除します。.

赤、黄、オレンジは刺激物として機能する可能性があるため、部屋のデザインの基礎として使用することはお勧めしません。ただし、これらの色のアクセントは許可されており、インテリアを飾ることができます。.

緑はメインカラーとして安全に使用でき、体に良い効果をもたらし、視力を高め、気分を改善し、睡眠を正常化するのに役立ちます。これは、特に内部で複数の緑の色合いが組み合わされている場合に、背景に最適なオプションです。たとえば、壁を繊細な薄緑色でペイントしたり、カラフルなエメラルド色の装飾を選択したりできます。.

子供部屋のインテリアを飾るための紫は、注意を集中し、子供の創造性を開くのに役立ちます。この色の色合いは、周囲の現実について積極的に学んでいる子供たちに適しています。年齢や個人の好みに応じて、飽和度を変えることができます.

子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-配色の選び方 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-配色の選び方 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-配色の選び方 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-配色の選び方

写真からのパレット

「ゼロから」インテリアを作成するときは、写真や写真を使用して、独自のカラーマッチング方法を使用することをお勧めします。それはさまざまな画像である可能性があり、主なことは色の組み合わせを分析することです。すぐにこれを行うには、カラーパレットを生成する特別なアプリケーションとサービスが役立ちます。.

このテクニックは、子供部屋のインテリアを補完するだけでよい状況でも機能します。たとえば、ベッドやワードローブを写真に撮ってから、部屋の壁やその他の要素をどのように装飾するのが最適かを正確に判断できます。.

シェードは、対照的、補完的などにすることができます。色とりどりの花でインテリアを作ることはお勧めできません。明るい色がたくさんあるので、子供たちが眠りに落ちてリラックスするのを防ぎます。落ち着いたカラフルな色調の部屋が最適です。.

子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真のパレット 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真のパレット

色の組み合わせオプション

子供部屋の色合いを組み合わせるにはいくつかの方法があり、それぞれに長所と短所があります。最も適切な色の組み合わせオプションを検討してください.

ニュートラルな背景とアクセント

1つ目は、ニュートラルな床と壁をカラフルな家具、装飾要素、アクセサリーと組み合わせることです。このオプションの主な利点は、実装が簡単なことです。そのようなインテリアは、枕、ベッドカバー、カーテンなどのテキスタイルの形でアクセントが存在することを意味します。.

装飾的な要素は目に心地よいものでなければならないことを忘れないでください。ただし、過度にカラフルなアクセサリーを選択することは絶対にしないでください。部屋のアクセントが多すぎると、そのようなインテリアは「不器用」と感じられ、リラックスすることができません。装飾用に2つまたは3つのメインシェードを選択します。そのような状況では、部屋は調和のとれた上品な装飾に見えます。.

その結果、カラフルな色はアクティブな行動を刺激することができ、ニュートラルな背景は必要に応じて赤ちゃんを「落ち着かせる」でしょう。子供の気質に注意を払い、心理学者の推奨事項についても尋ねてください。したがって、色合いを個別に選択して、子供の性格に完​​全に一致させることができます。.

子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-ニュートラルな背景とアクセント 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-ニュートラルな背景とアクセント 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-ニュートラルな背景とアクセント

子供のゾーニング

2番目のオプションは、子供部屋をゾーンに分割することです。この方法は、穏やかで穏やかな色合いのレクリエーションエリア(ベッドルーム、ベッド付き)の設計を意味します。それどころか、遊び場は赤ちゃんの活動をさらに刺激するために明るくカラフルにすることができます。勉強の場はパステルカラーで装飾されているので、子供たちの勉強を邪魔することはありません。子供がまだ少し年をとっていて、彼が激しい精神的な仕事または思慮深い訓練を必要としないならば、クラスのコーナーはジューシーで注意を引く色合いで飾ることができます。.

お子さんの好みに合っている場合は、コントラストを恐れないでください。この場合、部屋は退屈に見えません。ただし、この措置を遵守するにはすべてが必要であることを忘れないでください。これは特にオレンジと赤に当てはまります。保育園ではさまざまな色合いを目立たせますが、不必要にカラフルな場所に変えないでください。.

子供部屋の内部の色の組み合わせ-保育園のゾーニング 子供部屋の内部の色の組み合わせ-保育園のゾーニング 子供部屋の内部の色の組み合わせ-保育園のゾーニング

ステレオタイプの罠に陥らないようにする方法

「ピンクは女の子に、ブルーは男の子に」という固定観念がどれほどしっかりと根付いているかは周知の事実です。他にもたくさんのオプションがあります、あなたはただ創造的になることを試みる必要があります。主なことは、選択したすべての色合いが互いに一致することです。.

たとえば、女の子は、標準的な豊富なピンクの代わりに、背景としての繊細なライラックと暗いライラック、および装飾要素とアクセサリーの黄色に適しています。.

男の子用の部屋は、ライトグリーンと落ち着いた茶色の仕上げ材で飾ることができ、テキスタイルや家具をオレンジやエメラルドなどにすることができます。あなたの想像力を示して、あなたは美しく機能的なインテリアを作ることができます.

最適な配色としてどの色合いをお勧めできますか?これらは、表現力豊かな自然な色調、フルーティーでジューシーな夏の色、たとえば、ニンジン、ライトグリーン、スカイブルー、サニーイエロー、繊細なピンクまたはライラック、アップルグリーンにすることができます。.

お子さんが好きな色を必ず聞いてください。あなたはあなたの子供の意見を求めずにあなたの選択肢をすぐに提供するべきではありません。.

子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-ステレオタイプの罠に陥らないようにする方法 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-ステレオタイプの罠に陥らないようにする方法 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-ステレオタイプの罠に陥らないようにする方法 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-ステレオタイプの罠に陥らないようにする方法 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-ステレオタイプの罠に陥らないようにする方法

保育園の内部の色の組み合わせ-写真

説明的な例がなければ、子供部屋の美しいインテリアを想像することは非常に困難です。したがって、さまざまな色やテクスチャの組み合わせが実際にどのように見えるかを確認することをお勧めします。私たちの写真の選択はこれであなたを助けます。インスピレーションを得ます!

子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真 子供部屋のインテリアの色の組み合わせ-写真