インテリアのベージュの壁紙:90枚の写真のアイデア

デザインには、あらゆるスタイルや目的に最適な、このような用途の広い仕上げソリューションがあります。私たちはインテリアのベージュの壁紙について話しています-繊細で居心地の良い快適なバージョンは、簡潔な解釈のままにすることも、明るいディテールで多様化することもできます。あなたのスペースに適した壁紙を選択する方法-私たちの記事で!

ベージュが特徴

Coloristicsは、インテリアの雰囲気と人々の気分を形成する主要な視覚的要素の1つです。もちろん、住民の好みに合った花に囲まれることも大切です。しかし、スペースを正しく整理し、その利点を強調し、欠点を隠し、目的のスタイルのフレームワークに適合させることがはるかに重要です。.

ベージュは主に伝統的な家庭用ソリューションです。他の明るい色合いがモダンなスタイルとともに家に現れた場合、ベージュは古くからここに存在しています。それ自体が特徴的な高貴な魅力と厳しさを持っているので、それは古典的な傾向に理想的です。.

しかし、これはベージュが現代のインテリアでめったに選ばれないという意味ではありません。ここでは、自然と視覚的な快適さに引き寄せられる自然な環境を作り出すために使用されます。.

色はリラクゼーション、休息を促進し、幸福を改善しますが、同時に注意をそらすことなく重要な問題に集中するのに役立ちます。そのようなデザインが退屈で感情的でないように見えることを心配しないでください-ベージュは他のオプションとうまく合い、その色調のパレットは多種多様な色合いを示しています。.

これらには、クリーム、ナッツ、オパール、キャラメル、ビスケットの品種が含まれます。それらだけに限定しても、快適な空間をつくることができます。.

インテリアのベージュの壁紙-特徴

壁紙の種類

壁紙は、壁を傷つけずに変更できる最も人気のある仕上げです。それらは、比較的低コスト、実用性、および視覚的な変動性によって区別されます。建設市場は、ベージュの色合いのパレット全体を含む、単色のデザイン、さまざまなプリント、テクスチャ、または色で表面を装飾することを提案しています。しかし、主な選択基準は製品の素材であり、美的および実用的な特性に影響を与えます。.

したがって、最も予算的で環境に優しいタイプは紙の壁紙です。それらは単層または二重層であり、ほとんどレリーフがありません。ちょうど5年後、美しいベージュが色あせ始め、コーティングがすべての臭いを吸収し、確実にどこかで剥がれます。脆弱性は、コストと接着のしやすさによって正当化できます.

ビニール壁紙は耐久性と耐湿性に恵まれています。それらは再利用可能な塗装に役立ち、壁の凹凸を隠しますが、空気を通過させません。このビューは環境にやさしいとは言えないため、寝室や保育園での使用はお勧めしません。.

不織布の壁紙は、価格が高いことを除けば、実質的に欠陥はありません。ビニール層のない製品は絶対に無害です。それらは天井を接着するために取ることができます.

装飾的な石膏と絵画の最高の品質を組み合わせた液体の壁紙は、どの施設にとっても珍しい解決策になります。接着時に縫い目を残さず、ホコリがたまりません。また、ベージュの淡い色合いでも多様化して強調する深い質感があります。.

テキスタイルの壁紙は、あらゆる種類の汚染に対する耐性が低いという特徴があります。しかし、天然シルク、リネン、綿、またはベロアで作られたカバーは、安定した微気候で部屋を飾ります。そして、ベージュ色と花柄との組み合わせで、クラシックなスタイルに理想的にフィットします。.

写真の壁紙は、ベージュの解釈で拾うのが難しいため、考慮されていません。一般的に、選択はスペースの条件、予算、および望ましい視覚効果によって異なります。.

インテリアのベージュの壁紙-壁紙の種類 インテリアのベージュの壁紙-壁紙の種類 インテリアのベージュの壁紙-壁紙の種類 インテリアのベージュの壁紙-壁紙の種類 インテリアのベージュの壁紙-壁紙の種類

組み合わせる色?

インテリアデザインはベージュの壁紙の使用に限定されません。それらは他の要素と並行して刻まれ、色の穏やかな性質を強調するか、それを多様化する勝利のパレットを選択する必要があります。.

部屋の片側にベージュの壁紙を貼り付けて、他の部分をよりニュートラルまたは明るい色合いでペイントすることができます。この場合、物質の質感とパターンが重要な役割を果たし、それが主な色彩のアクセントとして機能します。組み合わせの主なオプションを検討してください。

ハーフトーンとモノクロ色域

この組み合わせでは、同じ色(この場合はベージュ)のさまざまな色合いを使用します。それは、第一に、明るいしみがなく、第二に、さまざまな自然の変化がある、知覚のための最も快適なパレットを提供します。.

白または灰色の布張りの家具、およびカーテンは、壁紙の背景に対して調和しているように見えます。テキスタイルにパターンがある場合、壁装材は単色である必要があり、その逆もあることを考慮に入れる必要があります。これは、インテリアのバランスをとるのに役立ちます。.

木製のセットは、特にそれが明るい木である場合、うまくフィットします。 1つの色で作業する必要があるという事実にもかかわらず、色調のコントラストに焦点を当てることをお勧めします:木製のオブジェクト-落ち着いた壁紙、白いオブジェクト-テクスチャのあるリッチベージュの壁紙.

インテリアのベージュの壁紙-ハーフトーンとモノクロの色域 インテリアのベージュの壁紙-ハーフトーンとモノクロの色域 インテリアのベージュの壁紙-ハーフトーンとモノクロの色域 インテリアのベージュの壁紙-ハーフトーンとモノクロの色域 インテリアのベージュの壁紙-ハーフトーンとモノクロの色域 インテリアのベージュの壁紙-ハーフトーンとモノクロの色域 インテリアのベージュの壁紙-ハーフトーンとモノクロの色域

対照的なトーン

このパレットの原理は非常にシンプルです。ベージュの「キャンバス」で特に目立つ明るいディテールをデザインに追加します。目に心地よい組み合わせを選択することが重要です。.

壁紙のパターンが異なる場合は、テキスタイルや装飾に使用する価値があります。他の状況では、ライラック、ピンク、さらにはピーチなどのベージュのアンダートーンに焦点を当てることをお勧めします。これにより、さらに検索するためのガイドラインが提供されます。.

冷たいターコイズ色は壁紙の背景に対して珍しく見え、インテリアにさわやかなタッチを加えます。緑は、自然の風景に引き寄せられる自然な雰囲気を作り出すのに役立ちます。赤は暖かさで空間を満たし、ピンクは優しさで空間を満たします。そのような詳細はほとんどないはずです。さもないと、ベージュのものは明るい色で失われます。.

インテリアのベージュの壁紙-対照的なトーン インテリアのベージュの壁紙-対照的なトーン インテリアのベージュの壁紙-対照的なトーン インテリアのベージュの壁紙-対照的なトーン インテリアのベージュの壁紙-対照的なトーン

インテリアのベージュの壁紙-写真

特定の色の壁紙はデザインの重要なランドマークですが、選択肢はそれらだけに限定されません。美的プロジェクトを作成するには、部屋の目的、条件、幾何学、その他の要素を考慮する必要があります。.

リビングルームのベージュの壁紙

居間は、大切な人とくつろいだり、本を読んだり、魅力的な映画を見たりしたい場所です。ここはゲストを迎えることが多いので、家の快適さだけでなく、家の中心部の見栄えも考慮する必要があります。.

広々とした部屋では、花柄、幾何学模様、または天井を視覚的に持ち上げる通常の「ストリップ」の壁紙を使用できます。テレビで壁を強調するために、残りのパーティションを白く塗ることをお勧めします-そのような背景に対して、ベージュでさえ目立ちます.

家具や装飾の形の明るいしみはデザインを多様化し、ニュートラルな色合いは小さなリビングルームの欠陥を隠します.

リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン リビングルームのベージュの壁紙-インテリアデザイン

キッチンのインテリアにベージュの壁紙

そのような部屋の紙の種類は、臭いを吸収し、掃除することができないため、非常に実用的ではありません。高品質の製品のみを選択して、ビニールまたは洗えるタイプに焦点を当てることをお勧めします.

壁紙は、主にダイニングエリアまたはストーブから遠く離れた場所をカバーするために使用されます。エプロンが単色の場合は、明るいプリントで仕上げることができ、視覚的なゾーニングを実行できます。.

ベージュの色合いに注意してください。そのパレットには、食品に関連するオプションがあり、キッチンに非常に適しています。たとえば、カプチーノ、ナッツ、キャラメル-食欲を刺激し、気分を改善します.

キッチンのベージュの壁紙-インテリアデザイン キッチンのベージュの壁紙-インテリアデザイン キッチンのベージュの壁紙-インテリアデザイン キッチンのベージュの壁紙-インテリアデザイン キッチンのベージュの壁紙-インテリアデザイン キッチンのベージュの壁紙-インテリアデザイン キッチンのベージュの壁紙-インテリアデザイン キッチンのベージュの壁紙-インテリアデザイン キッチンのベージュの壁紙-インテリアデザイン キッチンのベージュの壁紙-インテリアデザイン

寝室のベージュの壁紙

寝室の環境への配慮と換気は非常に重要であり、睡眠の質だけでなく人間の健康にも影響を及ぼします。ここでは、紙または不織布の壁紙に制限できますが、より要求の厳しいスペースにはビニールの壁紙を残す必要があります。.

家のこの部分は通常汚染源がないので、自然な風合いのテキスタイルは居心地の良い快適なムードを作り出すのに役立ちます。.

配色は通常、より抑制されており、明るいディテールでいっぱいではありません。窓が北向きの部屋の場合は、冷たい色調の仕上げを選択することをお勧めします。その逆も同様です。.

寝室のベージュの壁紙-インテリアデザイン 寝室のベージュの壁紙-インテリアデザイン 寝室のベージュの壁紙-インテリアデザイン 寝室のベージュの壁紙-インテリアデザイン 寝室のベージュの壁紙-インテリアデザイン 寝室のベージュの壁紙-インテリアデザイン 寝室のベージュの壁紙-インテリアデザイン 寝室のベージュの壁紙-インテリアデザイン 寝室のベージュの壁紙-インテリアデザイン

廊下のインテリアにベージュの壁紙

廊下のこのようなコーティングはとてもフレンドリーに見え、すぐに訪問者を魅了します。ベージュは、小さな領域のような自然な特徴で自然光の不足を視覚的に補います.

通りからのほこりやほこりが最大量ここに集められるので、洗える壁紙が優先されます。木製のセットと組み合わせて、装飾の形で明るいしみを具体化することをお勧めします.

廊下のベージュの壁紙-インテリアデザイン 廊下のベージュの壁紙-インテリアデザイン 廊下のベージュの壁紙-インテリアデザイン 廊下のベージュの壁紙-インテリアデザイン 廊下のベージュの壁紙-インテリアデザイン 廊下のベージュの壁紙-インテリアデザイン 廊下のベージュの壁紙-インテリアデザイン 廊下のベージュの壁紙-インテリアデザイン 廊下のベージュの壁紙-インテリアデザイン 廊下のベージュの壁紙-インテリアデザイン

子供部屋のベージュの壁紙

思いやりのある親は、これが子供が成長して世界を学ぶ部屋の中で最も要求の厳しいスペースであることを知っています。まず、この場合のベージュは、赤ちゃんの神経系を刺激しないが、それを落ち着かせるのに役立つニュートラルで快適なオプションであることに注意してください。ソリッドまたはパターン化された壁紙は、あらゆる年齢の子供の寝室で適切に見えます.

苗床のコーティングは、環境に優しく、通気性があり、洗浄可能で、機械的ストレスに耐性がある必要があります。すべてのタイプの中で、不織布または液体の壁紙が最適です。紙のものはそれほど耐久性がありませんが、数年の使用後に簡単に交換できます-幸いなことに、子供の好みはさらに速い速度で変化します。.

子供部屋のベージュの壁紙-インテリアデザイン 子供部屋のベージュの壁紙-インテリアデザイン 子供部屋のベージュの壁紙-インテリアデザイン 子供部屋のベージュの壁紙-インテリアデザイン 子供部屋のベージュの壁紙-インテリアデザイン 子供部屋のベージュの壁紙-インテリアデザイン 子供部屋のベージュの壁紙-インテリアデザイン 子供部屋のベージュの壁紙-インテリアデザイン 子供部屋のベージュの壁紙-インテリアデザイン 子供部屋のベージュの壁紙-インテリアデザイン