民家の屋根:80枚の写真のアイデア

民家の屋根:80枚の写真のアイデア

どの家でも、屋根は責任ある役割を果たします。屋根は、高温と低温、紫外線、降水の影響に対する主な保護です。主なタスクを高品質で実行することで、気候条件や建物の一般的なスタイルに応じて、設計や材料の選択など、有能な設計が保証されます。当然のことながら、すべての住宅所有者は、屋根から大きな実用上の利点だけでなく、ファサードのデザインを美的に美しく仕上げ、それを補完し、その外観に個性をもたらすことを望んでいます。.

平屋根

このタイプの屋根は伝統的なものとは言い難いものですが、最近では圧倒的な成功を収めています。まず第一に、そのような人気は、モダン、ミニマリズム、ハイテクなどのスタイルのトレンドの出現によるものです。電流は、明確で直線を順守することで有名です。また、そのような屋根は、水と熱の保存に対する高レベルの保護を保証できる新しい高品質の材料にその分布を負っています。.

フラットコーティングは、簡潔なデザインを完成させ、厳密で効果的に見えますが、この明らかな利点に加えて、他のいくつかを区別することができます。

-スポーツグラウンド、ウィンターガーデン、またはバーベキュー、照明付き家具、パーゴラ、その他の小屋を備えたレクリエーションエリアを整理するのに便利なエリアが表示されます。

-このスペースは、エアコン、集水システム、アンテナ、さらには太陽電池などの技術デバイスにも使用されます。

-平らな屋根の手入れが簡単で、その上のすべてのデバイスとアイテムのメンテナンスが簡素化されます。

-この屋根を敷設することは、他の類似物よりも少ない時間と労力で済みます.

民家の陸屋根-写真 民家の陸屋根-写真 民家の陸屋根-写真 民家の陸屋根-写真 民家の陸屋根-写真 民家の陸屋根-写真 民家の陸屋根-写真 民家の陸屋根-写真 民家の陸屋根-写真 民家の陸屋根-写真

屋根屋根

屋根裏部屋のトップは、家の建築のアイデアを補完して装飾するだけでなく、居住空間に平方メートルを追加します。このような建物は別の階を建てるよりも安くて簡単なので、これは非常に便利なソリューションです。同時に、割り当てられたスペースを安全に使用して、素敵な居心地の良いベッドルームやリビングルームを作成できます。.

材料の完全な交換を含む屋根のオーバーホールの危機に瀕している場合は、コストが完全に補償されるため、必ず機会を利用してください。

-追加の断熱材が得られます-居住空間は、空の屋根裏部屋や通常の屋根よりもはるかに優れた熱を保持します。同時に、湿気が過度に蓄積しないように適切な換気を確保するように注意する必要があります。

-現代の家具は、結果として得られるメーターを可能な限り効率的に使用するために、非常に機動性があり、簡潔です。一般に、屋根裏部屋のインテリアを飾るには、スカンジナビア、ミニマリズム、素朴などのスタイルを参照してください。これらの傾向の中で、快適で機能的な部屋を配置するための多くのバリエーションがあります。

-広い窓の開口部は、部屋に豊富な日光を提供します.

屋根裏部屋の屋根は、議論の余地のないすべての利点を備えており、耐力壁の状態に特別な注意を払う必要があります。これは、耐力壁が常にそのような荷重に耐えられるとは限らないためです。.

民家のマンサード屋根-写真 民家のマンサード屋根-写真 民家のマンサード屋根-写真 民家のマンサード屋根-写真 民家のマンサード屋根-写真 民家のマンサード屋根-写真 民家のマンサード屋根-写真 民家のマンサード屋根-写真 民家のマンサード屋根-写真 民家のマンサード屋根-写真

片流屋根

傾斜した屋根の構造は、さまざまな高さの壁に載っている平面です。耐力壁の長さの違いが実際に法面の法面のレベルを決定します.

平らな表面は、明確な形で建物全体に個性と厳格さを加える特別な現代的な美学を表しています。一方、プロジェクトで屋根が非常に広いことが判明した場合は、降水を効果的に排水するために十分に鋭角の傾斜角が必要であることをすぐに考慮する必要があります。また、設置プロセス中に、断熱材の提供に問題が生じる可能性があります。.

傾斜屋根の主な利点の中で、次の位置を示す必要があります。

-屋根は、建物内の天井にデザインの喜びのためのオリジナルのスペースを作成します。

-小さな質量で、基礎のない家や軽量のバリエーションのある家にこのタイプの屋根を選択できます-ネジまたは柱状;

-構造物の最上部にいることが安全であるため、修理作業を実施することは特に困難を意味するものではありません。

-インストールには、高額な費用、複雑な計算、ビルダーによる高度な専門スキルは必要ありません。.

民家の片流屋根-写真 民家の片流屋根-写真 民家の片流屋根-写真 民家の片流屋根-写真 民家の片流屋根-写真 民家の片流屋根-写真 民家の片流屋根-写真 民家の片流屋根-写真 民家の片流屋根-写真 民家の片流屋根-写真

切妻屋根

誰もがよく知っている選択肢であり、小さな子供たちが絵に描くことが多いのは彼です。構造的に、切妻屋根は、壁に載り、中央で互いに出会う同じサイズの傾斜路で構成されています。.

対称性は、線の古典的な幾何学と実用性と視覚的な魅力を組み合わせる調和を生み出します。カバーの下のスペースは屋根裏部屋を形成し、物を保管したり換気システムを設置したりするのに便利です。切妻屋根の設計は、雪と水のための自然な排水システムを提供します。それはそのような天候保護を構築するのに十分安価で簡単です。.

プロジェクトのマイナス面については、屋根の傾斜の程度は建築材料の選択に依存します。角度は少なくとも22度にすることができます。スレートまたはタイルで停止する場合、屋根の金属バージョンには約14度が必要であり、プロファイルシートには12度が必要です。.

切妻屋根の効果的な変更-マルチレベル、破線の作成。彼女は家の建築に独創性を加えることができますが、正確な計算と専門的なアプローチを義務付けています。.

民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真 民家の切妻屋根-写真

寄棟屋根

寄棟屋根は本質的に寄棟屋根であり、その前部が三角形の傾斜路(ヒップ)に置き換わります。そのような装置は、構造を強風と大雨に対して非常に耐性にし、そして重要なことに、建築のアイデアに独創性を追加します。.

構造の剛性により、時間の経過とともに実質的に変化しないだけでなく、構造の両側にオーバーハングを作成し、悪天候からさらに保護します。寄棟屋根には、ハーフヒップと寄棟屋根の種類もあります。後者のスロープは一点でつながっており、正方形や長方形の建物に最適です。.

あなたが直面するかもしれないいくつかの困難:

-屋根の複雑さは、骨の折れる計算と測定、長くて難しい設置を前提としています。

– 高価;

-屋根裏スペースは小さいため、屋根裏部屋の作成に常に適しているとは限りません。

-屋根裏スペースの場合、その窓は降水と直接相互作用し、内部の湿気の漏れにつながる可能性があります。このトラブルは雨の前に開口部を覆うことで平準化できますが、これは必ずしも便利ではありません.

民家寄棟屋根-写真 民家寄棟屋根-写真 民家寄棟屋根-写真 民家寄棟屋根-写真 民家寄棟屋根-写真 民家寄棟屋根-写真 民家寄棟屋根-写真 民家寄棟屋根-写真 民家寄棟屋根-写真 民家寄棟屋根-写真

マルチ切妻屋根

これは、いくつかの切妻部分を組み合わせたポリゴンのセットの形で構築されています。これにより、重要で魅力的な屋根が作成されます。屋根はその設計と実行において非常に複雑です。.

このトップを設置するための建物は、段になった形状または正方形の形状である必要があります。マルチ切妻屋根は、屋根裏部屋の存在を含む複雑なレイアウトで家を完成させます.

主な利点は次のプロパティです。

-強度と耐久性。垂木システムは完全にバランスが取れているため、重い荷物を運ぶことができます。

-空きスペースまたは屋根裏部屋を整理する機能。

-実用性と一緒に素敵で面白い外観。傾斜の急な傾斜は外部環境の影響を最小限に抑え、水や雪が屋根の表面に停滞しません.

一般に、不利な点は、建設には真剣な専門的経験、細部への個別の注意、および材料の深刻な経済的コストが必要になることです。.

民家の複数切妻屋根-写真 民家の複数切妻屋根-写真 民家の複数切妻屋根-写真 民家の複数切妻屋根-写真 民家の複数切妻屋根-写真 民家の複数切妻屋根-写真 民家の複数切妻屋根-写真 民家の複数切妻屋根-写真 民家の複数切妻屋根-写真

屋根材

あなたの将来の屋根に適した構造を選択した後、あなたはその基礎を形成する材料を決定する必要があります。現代の建設市場が提供する幅広い選択肢の中から、最も人気のあるものを集めました。

セラミック瓦. この材料は、あらゆる気候条件で可能な限り最高のものとしての地位を確立しています。タイルで作られた民家の屋根は、美しい形と質感を持ち、使用過程で信頼性があり、頻繁なメンテナンスを必要とせず、信じられないほどの耐久性があります。屋根が高品質で敷設されていれば、耐用年数は100年以上になる可能性があります。.

多孔質粘土は熱伝導率を低下させますが、この特性が水の吸収につながる可能性があり、凍結すると水を破壊します。このようなトラブルを避けるために、セラミックの屋根を釉薬で覆い、最も厳しい気候条件でも品質指標が低下しないようにします。.

金属瓦 -これは、傾斜が12〜15度のルーフクラッディングの最新のオプションの1つです。粘土の類似物の美しい模倣品は、信頼性が高く、耐摩耗性があり、雪や日光を恐れないため、非常に人気があります.

金属段ボール また、屋根工事のためのかなり一般的な材料。豊富なカラーパレットはあなたの家にエレガントで魅力的な外観を与えます。品質特性、機能性、および低価格により、壁のクラッディング、フェンスやゲートの製造など、さまざまな仕上げ作業にこの材料を使用できます。したがって、単一のアーキテクチャ概念を実装する良い機会があります。.

瀝青スレート, オンデュリンとしても知られ、セルロース繊維から作られ、ビチューメン、樹脂、顔料、ミネラル添加物が含浸されています。オンデュリンは環境に優しく、安価で、実質的に湿気を吸収せず、アルカリや酸に耐性があります。また、遮音性が高く、カラーバリエーションも豊富で設置も簡単で、曲面にも使用できます。.

同時に、瀝青質のコーティングは太陽の下で燃え尽き、火災の危険性が高まるという特徴があります。夏の暑さと冬の霜は屋根の上を移動するのを難しくします。しかし、最高品質の変更の多くは、これらの欠点を滑らかにし、さらには完全に中和すると言っても過言ではありません。.

最後に、 強化ガラスシートまたは二重窓 屋根の別の部分の製造のため。たとえば、ベランダ、温室、さらにはキッチンやリビングルームの上の天蓋。コーティングが本当のハイライトになり、家の外面ともちろん屋根の下のスペースの両方を飾るので、このアイデアは確かに興味深いものです。ガラスは湿気、雪、風による高負荷に耐えます.

要約すると、建築材料を選択するときは、単純なルールによって導かれる必要があることに注意してください。屋根が強いほど、傾斜の傾斜を小さくすることができます。このアプローチにより、構造物の運用期間が長くなり、悪天候による影響が最小限に抑えられます。.

民家の屋根の素材-写真 民家の屋根の素材-写真 民家の屋根の素材-写真 民家の屋根の素材-写真 民家の屋根の素材-写真