テレビの壁:70のデザインアイデア

モダンなインテリアのテレビは、その構成要素であるだけでなく、他の家具が作られている構成の中心でもあります。ほとんどの注意がこの場所に釘付けになっているので、他の細部との関係で視覚的に魅力的かつ調和的に配置する必要があります。今日は、テレビで壁をデザインするための最も興味深いアイデアと、それを隠す方法についてお話します。.

テレビ画面の選び方と取り付け方

機器を設置するための選択肢はそれほど多くありません。テレビ台や準備された飛行機に置いたり、壁に掛けたりします。 2番目の方法では、スペースを節約し、リビングルームにテレビをよりスムーズに取り付けることができます。しかし、実装するのはもっと難しいです-考慮すべきいくつかの実用的なポイントがあります。.

テレビを見るのはできるだけ快適でなければなりません。設置場所は、見る人の目の高さによって決まるのが理想的で、指定した位置から外れると不便を感じることがあります。このポイントを決定するには、ソファの高さに焦点を合わせ、オブジェクトの位置を調整する必要があります。.

機器を設置するときは、人工光と自然光の方向を考慮する必要があります。直射日光は画面にグレアを発生させ、表示を妨げます。また、テレビをラジエーターや他の暖房装置の同じ側に吊るさない方がよいでしょう。.

壁が意図した荷重に耐えられるかどうかを判断することが重要です。確かに、最新のモデルの重量は、石膏ボードのパーティションでのみ重要になる可能性があります。ブラケットはコンクリートまたはレンガのベースに取り付けるのが最適です。さらに、ケーブルの隠れた配置を心配するために、追加の機器の数を決定する必要があります。.

実用的なポイントを解決した後、壁のデザインの設計を開始できます。追加アイテムのない無地の背景の黒い画面は、ミニマリストのインテリアでのみ適切に見えます。それ以外の場合は、設計プロジェクトの要件に従ってスペースを整理することをお勧めします。.

テレビ付きの壁-選択とインストールの方法 テレビ付きの壁-選択とインストールの方法 テレビ付きの壁-選択とインストールの方法 テレビ付きの壁-選択とインストールの方法 テレビ付きの壁-選択とインストールの方法 テレビ付きの壁-選択とインストールの方法

壁の装飾と装飾

技法による仕切りは、部屋の中心として区別することができ、別の方法でそれを明らかにします。多くの場合、明るいしみで部屋が過負荷になることを恐れずに、対照的な色が選択されます-残りの壁はそれらのバランスを取ります.

または、コーティングを絵画や幾何学模様で装飾して、周囲のテレビ画面の輪郭を滑らかにすることもできます。この方法は、モダンスタイルやポップアートによく合います。.

色に加えて、装飾に他の素材を使用すると、アクセントを作成するのに役立ちます。たとえば、装飾的な石膏、石、コルクの表面に面しているレンガ造りは、モダンなインテリアでは自然に見えます。または古典の典型的な装飾が施された伝統的な壁紙.

同時に、芸術的な表現手段を使用する場合、テレビを見ているときに細部が明るすぎると注意をそらす可能性があるため、バランスを保つことが重要です。暗い背景に対する画面からの画像は、特に夕方によく認識されます。小さなリビングでも、質感のある明るい表面が開放感を維持します。.

テレビの壁は、装飾的な要素を集中させることができる領域です。壁の写真、絵画のコレクション、小さなパネル、またはテレビ画面の中央に構築されたその他の美的オブジェクトは調和しているように見えます.

テレビ付きの壁-仕上げと装飾 テレビ付きの壁-仕上げと装飾 テレビ付きの壁-仕上げと装飾 テレビ付きの壁-仕上げと装飾 テレビ付きの壁-仕上げと装飾 テレビ付きの壁-仕上げと装飾 テレビ付きの壁-仕上げと装飾 テレビ付きの壁-仕上げと装飾

パネルとパーティション

その領域を視覚的に強調するテクニックに適した背景を配置することが常に可能であるとは限りません。この問題を解決するには、既製のパネルを購入するか、自分で作ることができます。.

それらは、選択できるさまざまな素材のキャンバスを表しています。それは、美しい深い質感のある木でも、革や布で覆われた仕切りでもかまいません。後者のオプションはインテリアに少し居心地のよさをもたらしますが、汚れを吸収するテクスチャーのためにそれらの世話をするのはより困難です。.

このようなパネルは、テレビ画面のパラメータに応じて、壁全体を覆うことも、ローカルに配置することもできます。同時に、それらは棚を取り付けるのに適しており、それによって追加の収納スペースを作成します。たとえば、ニュートラルな色合いのセットは、木の背景に対して美しく見えます。.

テレビ付きの壁-パネルとパーティション テレビ付きの壁-パネルとパーティション テレビ付きの壁-パネルとパーティション テレビ付きの壁-パネルとパーティション テレビ付きの壁-パネルとパーティション テレビ付きの壁-パネルとパーティション

石膏ボード構造

石膏ボード製品は、環境への悪影響に強い材料の多様な特性のために設計によく使用されますが、最も重要なことは、優れた可塑性を備えていることです。その助けを借りて、フレーム構造だけでなく、さまざまな形の装飾要素を作成することができます。.

石膏ボードの仕切りにテレビ画面を吊るすことはお勧めしませんが、特にクラシックなスタイルのインテリアの場合は、柱やスタッコモールディングで周囲を飾ることができます.

現代のトレンドの枠組みの中で、電化製品用のニッチなモノリシック石膏ボード製品、または装飾とランプを備えた小さな棚が完全に適合します。現代は幾何学的である傾向があることを覚えておく必要があります。これは、構造を選択するときにガイドする必要があります。.

テレビの壁-石膏ボードの構造 テレビの壁-石膏ボードの構造 テレビの壁-石膏ボードの構造 テレビの壁-石膏ボードの構造 テレビの壁-石膏ボードの構造

ニッチなテレビ

今日では、電化製品が組み込まれた家具や、設置にニッチな存在を想定した家具が流行しています。このソリューションにより、使用可能な領域、保管スペースを最大限に合理的に整理し、プラズマを視覚的に隠すことができます.

選択した領域は、画面のサイズと完全に一致するか、装飾が施されたバックライトを取り付けるための追加のスペースを残すことができます.

上記の石膏ボード構造、木製フレーム、またはミラータイルのコーティングを使用してニッチを設計することが可能になります。彼らはそれを2倍にして、リビングルームに異常な効果を生み出します。.

テレビ付きの壁-ニッチなテレビ テレビ付きの壁-ニッチなテレビ テレビ付きの壁-ニッチなテレビ テレビ付きの壁-ニッチなテレビ

暖炉のあるリビングルームのテレビ

昔々、電気以前の時代には、家族が暖炉の周りに集まり、体を温め、測定された炎の踊りを見ました。テレビは今日同様の機能を果たしており、これら2つの物体が同時に存在すると、部屋のバランスが崩れます。.

この問題を解決するには2つの方法があります。まず、リビングルームを2つのゾーンに分割します。テレビ画面での娯楽と火のそばでのリラクゼーションのために、できれば別の場所に配置します。同時に、民家となると暖炉は本物である可能性があります。その技術を家具に適合させ、そのモダンな外観から注意をそらすことをお勧めします。.

第二に、あなたは本物のコピーの代わりに電気暖炉を購入し、その上にプラズマを置くことができます。このようなデバイスはモダンなデザインで、そのおかげでどんなインテリアにも完璧にフィットします。確かに、本物の火の魅力を伝えるものではありませんが、居間の多様化に役立ちます。.

2つのオブジェクト間の距離は少なくとも1メートルでなければならないことに留意する必要があります。これは、画面が目の高さより上にあり、表示中の利便性に影響を与えるため、ソリューションの欠点です。コンパクトモデルを購入したり、ソファの高さを調整したりできます.

テレビ付きの壁-暖炉のあるリビングルームのテレビ テレビ付きの壁-暖炉のあるリビングルームのテレビ テレビ付きの壁-暖炉のあるリビングルームのテレビ テレビ付きの壁-暖炉のあるリビングルームのテレビ テレビ付きの壁-暖炉のあるリビングルームのテレビ

テレビとキャビネット

さまざまな吊り下げモデルにもかかわらず、家具面にテレビを備えた従来のオプションを破棄しないでください。フィット感、機動性、設置不要などのメリットがあります。.

広々とした部屋の壁や小さなサイズの小さなテレビ台が支えになります。ただし、追加のストレージスペースが必要ない場合は、目立たない主題のコンテンツが最新のデザインに関連しているため、ミニマルバージョンを選択できます。.

電子機器は、壁の棚など、適切な寸法の任意の空きスペースに配置できます。ここでは、快適さと使いやすさの原則に基づいて構築する必要があります。.

テレビの壁-テレビとスタンド テレビの壁-テレビとスタンド テレビの壁-テレビとスタンド テレビの壁-テレビとスタンド テレビの壁-テレビとスタンド テレビの壁-テレビとスタンド

バックライトオプション

バックライトを使ってテレビで壁を飾ることができます。直接照明が画面にグレアを発生させるという事実にもかかわらず、ローカルソースは画像の品質に影響を与えません。逆に、それらは可能な限り美的に領域を設計するのに役立ちます。.

バックライトの種類は、設置の基準によって異なります。基本的に、これらはキャビネットまたは石膏ボード構造です-それらは縁石の下に固定されたLEDストリップまたはスポットライトのために作成されます.

照明は、テレビだけでなく、このエリアにある他のオブジェクトを強調するためにも使用されます。.

テレビの壁-照明オプション テレビの壁-照明オプション テレビの壁-照明オプション テレビの壁-照明オプション テレビの壁-照明オプション テレビの壁-照明オプション テレビの壁-照明オプション テレビの壁-照明オプション

テレビを隠す方法

この点は、テレビ画面で壁に注意を引くことに重点が置かれている以前のすべての点と矛盾します。しかし、テクニックを詮索好きな目から隠し、使用時にのみ開く必要がある場合があります。問題を解決するためのいくつかの便利なオプションがあります。

1.スライドパネル。ファサードの後ろにテレビが隠されたシンプルなフラットデザイン。アクセスするには、クロスバーを引き出すだけです。多くの場合、家具セットと組み合わされます.

2.スイベル機構を備えたパネル。 TVパーティションを180度回転させるためにより多くのスペースを必要とするスリーカーオプション.

3.ミラー。これらは、鏡面仕上げのドアまたはスライドパネルにすることができます。反射効果により、デバイスを非表示にし、視覚的に領域を拡大するための優れた方法.

4.絵画。画面をフレームに配置することで、現代美術のオブジェになりすますことができます。または、テレビの帆布でニッチを閉じ、必要に応じて開きます.

これらの各ソリューションをインストールするには特別なスキルが必要ですが、きちんとした美しい結果は努力する価値があります。.

テレビの壁-テレビを隠す方法 テレビの壁-テレビを隠す方法 テレビの壁-テレビを隠す方法 テレビの壁-テレビを隠す方法 テレビの壁-テレビを隠す方法 テレビの壁-テレビを隠す方法 テレビの壁-テレビを隠す方法

ビデオ:プラズマ壁の装飾