マハラジャのインテリアはオリエンタルスタイルの素晴らしい宮殿です

マハラジャのインテリアはオリエンタルスタイルの素晴らしい宮殿です

マハラジャのインテリアは、インテリアのオリエンタルスタイルの総称です。実際、それは贅沢の代名詞です。しかし、マハラジャマハラジャは違います。実際、彼はラジャだけでなく、アラブのシェイク、中国人または日本の天皇であることが判明する可能性があり、これは別の東です。それぞれのインテリアは、そのユニークな機能で互いに根本的に異なります.

マハラジャの内部のモロッコの動機:明るい色合い、アーチ型の要素、大きな窓の優位性

マハラジャの内部のモロッコの動機:明るい色合い、アーチ型の要素、大きな窓の優位性

鏡張りの床、ドアの代わりのアーチ、インテリアの花柄がマハラジャのインテリアにさらに「軽さ」と「飛行」を加えます

鏡張りの床、ドアの代わりのアーチ、インテリアの花柄がマハラジャのインテリアにさらに明るさと「飛行」を加えます

マハラジャスタイルの家のホール:巨大なヤシの木、高いドーム型の天井、階段、天井と床に花のモチーフ

マハラジャスタイルの家のホール:巨大なヤシの木、高いドーム型の天井、階段、天井と床に花のモチーフ

東の多様性

一般的に、インテリアのオリエンタルスタイルは5つの方向に分けられます。.

東のインテリア:

  • アラビア風はイスラム諸国の豊かなインテリアの通称であり、装飾さえも宗教と並んでおり、コーランがすべての動きを導きます。たとえば、この聖典には、動物や描写を禁じられている人々の明確なリストがあります。したがって、主要な要素は中立的な花と幾何学です。アラブ諸国は非常に暑い気候であるため、空気をはためくカーテンが仕切りとして使用されます。女性の美しさを詮索好きな目から隠すように設計されている一方で、空気が自由に循環できるようになっています。アラブ人は高い社会的地位を強調するのが通例であるため、装飾にはたくさんの金が使われています。インテリアは、枕、カーペット、布地などが豊富にあることで区別されます。かつてここで木に特にアクセスできず、文字通り金でその重量に見合う価値があったため、彫刻された仕切り、装飾品がそれから作られましたが、家具の素材、彼らは単に後悔しました.

アラビアンスタイルのマハルジャのインテリアはクリーム色と砂色で作られています。鏡面、照明、金メッキの家具、伝統的なパターンのタイルは、最新のテクノロジー(プラズマ、エアコンなど)で補完できます。

アラビアンスタイルのマハルジャのインテリアはクリーム色と砂色で作られています。鏡面、照明、金メッキの家具、伝統的なパターンのタイルは、最新のテクノロジー(プラズマ、エアコンなど)で補完できます。

  • モロッコスタイルは、地中海の方向性のアラビアの宗教的なシックで軽いロマンチックな要素を組み合わせることができた素晴らしい「外交官」です。アラブ側では、これらは豊かで明るい生地、装飾の豊富なテキスタイル、カーテン、木製のバテン、彫刻が施された家具などでゾーニングされています。地中海は色で表示されます-青と白に加えてテラコッタ、タイル張りの床、ランセットウィンドウ鍛造鉄格子付き。このすべての素晴らしさの中で、平和な銀の皿と壁の厳しい鋼鉄の武器が等しく調和して共存しています。.

モロッコ風のマハラジャのインテリアは、鍛造と彫刻が施された要素、豪華な模様のランプ、塗装された壁、明るい枕、緑の植物が装飾として使われています。

モロッコ風のマハラジャのインテリアは、鍛造と彫刻が施された要素、豪華な模様のランプ、塗装された壁、明るい枕、緑の植物が装飾として使われています。

  • 和風は、美しさや贅沢さではなく、機能性を優先した、光の豊かさと最小限の物、厳粛で軽いミニマリズムです。これらはスライディングスクリーン、ドア、折りたたみ式またはビルトイン家具であり、細部は可能な限り考え抜かれ、厳密に適切な場所に配置されています。すべての細部は、部屋の一般的な抑制されたカラーパレットによって理想的に強調されています。.

マハラジャの内部の日本の動機は、内部の木材の優勢、シンプルな線、そして日本の生活からの伝統的な絵画です

マハラジャの内部の日本の動機は、内部の木材の優勢、シンプルな線、そして日本の生活からの伝統的な絵画です

  • チャイニーズスタイルは、シンプルさと機能性の点で日本のトレンドに似ていますが、キラキラへの愛情に取って代わられ、部屋のメインカラーは赤または青とゴールドです。これらの色合いがなければ、中国は中国ではありません!追加の特徴は、支配王朝の宮殿生活からのお気に入りのシーンを含む幾何学的な画像または描画であると考えられています。これらは、楽園の庭園、風変わりな鳥や動物、中国の民俗神話の生き物がいる区画です。すべての不必要または必要ですが、目には特に心地よいものではありませんが、輝くスクリーンやキャビネットの後ろに巧みに隠されています.

マハラジャのインテリアの中国風:天井と壁に描かれた動物の絵、白と青の絵が描かれた暖炉、鍛造された椅子、丸い窓

マハラジャのインテリアの中国風:天井と壁の動物の画像、白と青の絵が描かれた暖炉、鍛造椅子、正円窓

  • ああインド!ヒンズー教徒は測定された人生とヨガの支持者であり、彼らは絶えず瞑想し、彼らのカルマを改善するために努力しています。先住民族のインドのスタイルには、象牙、彫刻された石、巨大な柱、または少なくとも彫刻された木製の壁が必要でした。現代のインドはより民主的です。天然素材と天然フローリングを模倣したパネルが十分にあります。配色は温かみのある色に保つ必要があります-ピンクがかった、目に心地よい赤、黄色がかった、茶色など。黒、紺、オリーブの色合いのゴールドのスタイルで明確なデザインがある場合があります。客室は伝統的に手作りの織りカーペットで埋め尽くされており、パネルやベッドカバーとしても使用されています。すべての家具は低く、絵画や彫刻で飾られており、ドアはシャッターに似ています。ドレッサーの代わりにチェストが練習され、籐の家具がよく使われます.

インドのスタイルは、赤と暗い森が支配的です。窓の代わりに、神社をイメージしたステンドグラスの窓を使用できます。

インドのスタイルは、赤と暗い森が支配的です。窓の代わりに、神社をイメージしたステンドグラスの窓を使用できます。

助言!インドのノートを明確に配置したい場合は、通常ではなく長方形の装飾枕を休憩場所に配置する必要があります-インドのインテリアを明るく擬人化するのはこの詳細です!

違いが何であれ、これらのスタイルには共通点が1つあります。それは、ミステリーのタッチを備えた独自性です。エキゾチックで、いつまでも試してみたいのですが、最終的には、すべてのナッツのなぞなぞを「かじる」ことが不可欠です。これが、オリエンタルスタイルのインテリアです。一見したところの部屋の写真は注目を集め、息を呑み、永遠に記憶に残り、ヨーロッパ風の外観に馴染みのあるアパートとの違いに惹かれます。.

マハラジャのすべてのインテリアスタイルには、伝統的なオリエンタルノート、高い天井、大きな窓、特徴的なカーテン、高価な家具など、共通の特徴があります。

マハラジャのすべてのインテリアスタイルには、東洋の伝統的なノート、高い天井、大きな窓、特徴的なカーテン、高価な家具など、共通の特徴があります。

マハラジャのインテリア:インテリアのオリエンタルな繊細さ

オリエンタルスタイルの部屋のインテリアは、寝室、居間、保育園などに厳密に分割されていることを意味するものではありません。実際、どの方向でも、ゾーニングがより多く使用されています。モロッコのインテリアにある中国のカーテン-テキスタイルと彫刻が施されたパーティション.

マハラジャのインテリアの和風スクリーンは、ゾーニングと装飾品の両方に使用されています

マハラジャのインテリアの和風スクリーンは、ゾーニングと装飾品の両方に使用されています

色と光

東と東は違うので、確実に目標を達成するために、一般的な交差点に固執する価値がある場合に備えて、暖かいトーンとそれらの調和のとれた組み合わせ。それは図面でも同じです-彼らはどこでも幾何学を愛しています、それを抽象的なパターンにしましょう。典型的な温かみのある色に加えて、黄色とターコイズの組み合わせを使用することができます。これにより、部屋がより明るくエレガントになります。.

照明に関して言えば、東部のどのようなインテリアも、広々としていて、側面にカーテンと厚いカーテンが付いた大きな窓を意味します。朝は「光が多すぎることはない」という原則が機能し、休憩時には、金の刺繡、フリンジ、タッセルが付いた重いカーテンで毎秒迷惑な光線がこもります。装飾の要素としてすべての部屋にあります。.

装飾の砂の色、刻まれた要素、壁全体の大きさのテラスへのアクセス-マハラジャの内部のリビングルーム

装飾の砂の色、刻まれた要素、壁全体の大きさのテラスへのアクセス-マハラジャの内部のリビングルーム

ゾーニング

あらゆるタイプのオリエンタルインテリアのゾーンへの典型的な分割は、休息、料理、食事のための場所です。最初に、宇宙の中心は明るいベッドカバーとたくさんの枕を備えた巨大なソファであり、その下には秘密があります!彼らは水ギセルとそれのための小さなテーブルを隠します。.

家具を配置して和風住宅をゾーニング

家具を配置して和風住宅をゾーニング

食事のために特別なスペースが予約されています。小さな低いテーブルとすべて同じ枕またはミニプーフが必要です。はい、東部では、彼らは高いテーブルで食事をせず、背中をまっすぐに保ち、椅子に座っています。ここでは、利便性が優先され、食物摂取量はほとんど減少しています。.

助言!床の枕に慣れていない場合は、椅子付きの通常のテーブルを使用することもできます。テーブルは丸く、東洋の装飾品で覆われたカバーを家具に縫い付ける必要があります。.

モロッコスタイルのダイニングエリア:アーチ型の開口部でリビングルームから隔てられています。伝統的なペンダントランプと花瓶が装飾として使用されました

モロッコスタイルのダイニングエリアは、アーチ型の開口部によってリビングルームから隔てられています。伝統的なペンダントランプと花瓶が装飾として使用されました

3番目のゾーンは料理の場であり、機能的な部屋とはまったく見なされない目に見えない部屋のようなものであり、使用人と料理人だけが行く職場です。しかし、私たちは古代の東に住んでいるのではなく、現代の世界に住んでいるので、映像にそれほど散らばることはできません。デザイナーは抜け道を見つけ、私たちの時間と開発のレベルを考慮に入れて、現代のマハラジャとシェイクのキッチンができることを示しました!

オリエンタルスタイルのキッチンインテリア

私たちのアパートは広いエリアでほとんど変わらないので、キッチンから東洋のおとぎ話も作ります.

モロッコスタイルのキッチン:白いキッチンセット、調理エリアとは対照的

モロッコスタイルのキッチン:白いキッチンセットは調理エリアと対照的です

仕上げ

  • 蝶番を付けられたパネルがめったに使用されないので滑らかな壁、しかし主に装飾的な石膏またはテーマの壁紙が練習されます.
  • 背景は多彩で高品質であってはならず、東部は虚偽や欠陥を嫌い、塗装された壁が最適です。強調された大きな天然木の梁はとても美しく見えます.
  • 壁紙の代わりに、テーマのあるパターンの緻密な洗える生地を使用できます。装飾品や花の方が良いでしょう。哲学的に夕日に沈む象の群れは、キッチンの壁で非常に奇妙に見えることを認める必要があります。.
  • 床には木やタイルがありますが、リノリウムには「いいえ」と分類します。.
  • 天井-壁紙やフォームボードはなく、良い石膏または刻まれた蝶番を付けられた木の板だけです.
  • 窓とドア-残念ながら、白いプラスチックの便利さは断固として放棄されなければなりません。彫刻が施された、または木製のシャッターと同じ引き戸を使用しています.

そして、何をすべきか?東は微妙な問題です.

私たちは仕上げを理解し、家具の選択に進みます.

和風キッチン:装飾、キッチンユニット、大理石のカウンタートップ、塗装されたバックスプラッシュに木材を使用

和風キッチン:装飾、キッチンユニット、大理石のカウンタートップ、塗装されたバックスプラッシュに木材を使用

適切な家具

ヘッドセットが必要な場合は、木製にする必要がありますが、彫刻またはシンプルです。オリエンタルフレーバーの方向の選択によって異なります。中国の皇帝は「鐘と笛」のないシンプルさと簡潔さを愛していますが、マハラジャとシェイクにモノグラムを与えます.

テーブルは間違いなく円形または楕円形である必要があります。椅子の代わりに、理想的には、アームチェアまたは少なくともハーフチェアを使用することをお勧めします。和風では、すべてが床で行われるのが一般的ですが、現代性に合わせて調整すれば、厳格な形とベージュと黒の色調で家具を簡単に打ち負かすことができます。.

チャイニーズスタイルのマハラジャズのインテリアにあるダイニングエリア

チャイニーズスタイルのマハラジャズのインテリアにあるダイニングエリア

オープンシェルフはありません-オリエンタルなインテリアは豪華さと秘密に満ちています。素晴らしさを強調するものはすべて事前に展示されていますが、日常生活のロッカーは閉めるべきです.

ストーブとオーブン。これは一種の炉床であり、家のエネルギーの中心であるため、タイルモザイク、鏡、食べ物の画像、銀と銅で作られた磨かれた皿など、繁栄の象徴としてストーブに表示される装飾が最大限に使用されます。コレクター向けのナイフをテーブルに置くことができます。予約された日本人でも大好きです。一般的に、家の中心部は「豊か」で純粋でなければなりません。.

エスニックインテリアアイテム

東の民族は多様ですが、共通の瞬間もあります.

オリエンタルフレーバーとは:

  • あなたがシャンデリアや他のランプに頼っているなら、あなたは見なくても要点にたどり着くことができます。すべての東洋文化では、彫刻された土台、ビーズの編み込み、石の象眼細工、追跡が積極的に使用されています。彫刻が施された家具も同様に尊敬されています。.

モロッコスタイルのランプは、その優雅さに驚かされます。テクスチャード加工の壁、低いテーブル、壁一面の鏡がシックな雰囲気を添えています。

モロッコスタイルのランプは、その優雅さに驚かされます。テクスチャード加工の壁、低いテーブル、壁一面の鏡がシックな雰囲気を添えています。

  • カーペットは異なりますが、正しい動機の選択は初心者でも明白になります。私たちは皆おとぎ話を見たり読んだりしているので、アラブの宮殿のためにシルクのチャイニーズカーペットを買うことはまずありません。.

オリエンタルカーペットは、インテリアの枕やカーテンと調和して組み合わされています

オリエンタルカーペットは、インテリアの枕やカーテンと調和して組み合わされています

  • パッド、パッド、そしてまたパッド!彼らは日本と中国を除いてどこにでもあります。アラブ諸国とモロッコでは、これらは正方形と円形のダミーであり、インドでは、巨大なキャンディーに似た細長い長方形の枕です。.

マハラジャのインテリア:枕はアラビアンスタイルのインテリアに欠かせないものです

枕はアラビアンスタイルのインテリアに欠かせないものです。

  • 水ギセル。使用する必要はありませんが、アラブのシェイクのスタイルを思いついた場合は、少なくとも装飾として使用する必要があります。ちなみに、マハラジャの宮殿で重宝します。.

水ギセル喫煙室

水ギセル喫煙室

  • 料理。目立たない植物のイメージと刻まれた「レース」を備えた銅、磁器、銀.

中国の磁器料理は、マハラジャのインテリアのダイニングルームに追加するのに最適です。

中国の磁器料理は、マハラジャのインテリアのダイニングルームに追加するのに最適です。

  • そして再びインドについて。この国の民族は特別な味によって区別されます-神の像はどこにでも存在するはずです、ほとんどの場合、仏、シヴァ、ガネーシャを見ることができる「ヨーロッパのヒンズー教徒」の中にあります。彼らは皆友好的で、幸福と幸運をもたらします。彫像や神々の像に加えて、象はいたるところに存在します。この動物は事実上インド自体の象徴であり、何世紀にもわたって崇拝され保護されているため、家の装飾に使用されています。.

インド風の仏像と胸像

インド風の内部の仏像と象の置物

助言!東部では、些細なことはなく、些細なことでも非常に重要です。したがって、デザインに余分なものがないことを確認してください。.

インテリアデザインのオリエンタルスタイルは、その魅力的な美しさと目に見える柔らかさで敏感な魂を即座に征服します。多くの人々は、珍しい東洋の物語や神話を読んだ時から彼らの記憶に残っている彼らのファンタジーの具体化のためのアイデアとしてそれを取ります。 1つの部屋を「東洋の真珠」のままにするか、アパートの完全なインテリアをオリエンタルスタイルにするかは、オーナーが決めることです。それはすべて、オリエンタルな動機に対する彼らの愛の規模に依存します。しかし、自分でデザインを取り入れたので、東は本当にデリケートな問題であり、厳格なルールが外部の柔らかさの背後に隠されていることを忘れないでください:それは煩わしさと騒ぎを許容しません.