寒い季節でも家の床が暖かいことが非常に重要です。さらに記事では、あなたはあなた自身の家にそれを装備する方法を学びます。

寒い季節でも家の床が暖かいことが非常に重要です。さらに記事では、あなたはあなた自身の家にそれを装備する方法を学びます。

床の敷物の温暖化は最近絶大な人気を博しており、より効率的かつ経済的に部屋を暖めることができるため、木造住宅で暖かい床を作る方法に多くの人が興味を持っています。床暖房は広いエリアをより速く加熱できます。これらの最先端の製品は、より高い効率を持っています。.

大きなカントリーハウスでは、熱を最大限に保持する必要があります。この中で、暖かい床は非常に重要な役割を果たします。

大きなカントリーハウスでは、熱を最大限に保持する必要があります。この中で、暖かい床は非常に重要な役割を果たします。

写真では、温水床を敷設する主な段階を見ることができます。

写真では、温水床を敷設する主な段階を見ることができます。

温水床での作業の最後に、すべての断熱構造が対面する材料の下に隠されます

温水床での作業の最後に、すべての断熱構造が対面する材料の下に隠されます

ウォーターフロアの設置は、次の2つの方法で行うことができます。

  • コンクリートパッドを使用。そのような目的のために、コンクリートモルタルが使用され、それは全体の構造を非常に強くそして重くします。.

コンクリートパッドを使用した温水床。写真では、コンクリートを注ぐ過程を見ることができます。

コンクリートパッドを使用した温水床。写真では、コンクリートを注ぐ過程を見ることができます。

  • 木製のベースに。これは、木造住宅や古い建物に可能な唯一の設置オプションです。.

木造住宅に温水床を設置するプロセス

木造住宅に温水床を設置するプロセス

どちらの取り付け方法にも、それぞれ長所と短所があります。.

床暖房システムをコンクリートで固めることが常に可能であるとは限らないため、多くの専門家は木製のベースに温水床を設置することを推奨しています。このような暖房は、現代の木造住宅や古い建物に適しています。このような装置では、ベースの負荷が増加することはありません。暖房システムは、あらゆる種類の作業が完了した直後に使用できます.

温水床は冬の大きなカントリーハウスの暖房を節約するのに役立ちます

温水床は冬の大きなカントリーハウスの暖房を節約するのに役立ちます

注意!木造住宅の床暖房は、建物を均一に暖房することができます。モダンなデザインが室内の保温性を高めます.

見た目がすっきりしているため、温水床はほぼすべての部屋に設置できます

見た目がすっきりしているため、温水床はほぼすべての部屋に設置できます

木造住宅の水熱床の動作原理

床暖房は比較的新しい暖房システムです。これは、おなじみのすべてのバッテリーの優れた代替品です。ベースと床の間に配置された、お湯で満たされた床に取り付けられた配管です。.

家全体の給湯のオプションの1つの図

家全体の給湯のオプションの1つの図

水床は、特殊な金属プラスチックまたはプラスチックパイプを使用して取り付けられます。温水は集中システムまたはガスボイラーから供給されます。ホットパイプは表面全体を均一に加熱します。熱気が上向きに上昇し、快適な室内環境を作り出します。ただし、設置時には、システム全体のパフォーマンスは、暖房から暖かい床を作る方法に依存することを覚えておく価値があります。これらのタイプの作業には、特定のスキルと知識を持って取り組む必要があります。.

すべての建設工事を正しく実施した後、あなたはあなたの家のインテリアの暖かさと美的美しさを楽しむことができます。

すべての建設工事を正しく実施した後、あなたはあなたの家のインテリアの暖かさと美的美しさを楽しむことができます。

水温床設置のメリット

水床の設置には多くの利点があります。

  • 経済的利益。暖かい床を配置することで、熱消費量を30%以上削減でき、広い部屋ではこれらの指標が60%に増加します。.

将来的に暖かい床を作る最も簡単な方法でさえ、家全体の暖房を節約するのに役立ちます。

将来的に暖かい床を作る最も簡単な方法でさえ、家全体の暖房を節約するのに役立ちます。

  • 快適さ。暖かい床は均一に熱くなり、人体に有益な温度を作り出します。また、暖かい床で裸足で歩いたり、赤ちゃんと遊んだりするのもとても楽しいです。.

床暖房は子供連れの家族にとって非常に重要です

床暖房は子供連れの家族にとって非常に重要です

  • 美学。暖房システムの視覚的要素がない場合は、任意のスタイルとデザインを具体化できます。パイプはユニークなインテリアの作成を妨げることはありません.

温水床は、最もミニマリストなインテリアでも使用できます

温水床は、最もミニマリストなインテリアでも使用できます

  • 安全。小さな子供が住んでいる家では、温水暖房が特に重要です。隠されたシステムは事故につながることはありません:赤ちゃんがラジエーターによって火傷することはなく、バッテリーから落ちることもありません。さらに、暖かい床では、子供が凍ったり風邪を引いたりすることはありません。.
  • 快適。暖房システムのパイプが単に干渉するという事実のために、非常に多くの場合、家具を設置することができません。これは暖かい床では起こりません。.

温水床は、余分な空きスペースがない小さな家や部屋に最適です

温水床は、余分な空きスペースがない小さな家や部屋に最適です

水床暖房の短所

他のシステムと同様に、床暖房には欠点があります。

  • デバイスの設置は面倒で、特別な材料が必要です。暖房システムの設置はいくつかの段階で行われ、専門家の要件と推奨事項に準拠する必要があります.

民家に温水床を設置するプロセス

民家に温水床を設置するプロセス

  • 配管破損の可能性があります。加熱の信頼性を確保するためには、パイプの選択に特に注意する必要があります。高品質の製品を優先する必要があります.

安い怪しげな倉庫から建材を買わないでください。そうすれば、あなた自身とあなたの家族を可能な限り保護することができます。

安い怪しげな倉庫から建材を買わないでください。そうすれば、あなた自身とあなたの家族を可能な限り保護することができます。

  • いくつかの暖房システムの複製。多くの専門家は、すべての部屋に設置できるわけではないため、木造住宅に暖かい床だけを設置することを推奨していません。.

インストール手順

多くの人が自分の手で木造住宅の暖かい床を作る方法に興味を持っています。暖かい床は自分で組み立てることができます。これは簡単な作業であり、簡単なヒントは、デバイスの要素を正しく配置するのに役立ちます。床を設置するときは、次のことを行う必要があります。

  • パイプ敷設のための表面を準備します。ほこりや汚れがないようにする必要があります。
  • 後でフレームになるラグを修正します。
  • 特殊なフィルムを使用して防水を行います。
  • 熱エネルギーの不適切な方向を防ぐ断熱材を敷設します。

可能な限り熱を保持し、正しい方向に向けるのに役立つ追加の断熱材について覚えておくことが非常に重要です。

可能な限り熱を保持し、正しい方向に向けるのに役立つ追加の断熱材について覚えておくことが非常に重要です。

  • 金属プラスチックパイプを敷設します。
  • 機器を接続します。
  • システムをテストします。
  • 床の敷物で給湯をカバー.

ほぼすべてのカバーの下に水床暖房システム全体を隠すことができます

ほぼすべてのカバーの下に水床暖房システム全体を隠すことができます

重要!暖かい床が複数の部屋に設置されている場合は、それらを組み合わせないでください。各部屋のシステムには、独自の入口と出口が必要です.

あなたはさまざまな方法で木造住宅の温水床を作ることができます。設置オプションは、構造とフローリングのタイプによって異なります.

木造住宅の暖かい床:最初の方法

板は、パイプを固定するための頑丈なフレームを作成する、きれいにされた木の床に設置する必要があります。そのような目的のために、5x15cmの丸太を使用することをお勧めします。それらの間の間隔は50cmで作成する必要があります。丸太の間のスペースは特別な材料で絶縁する必要があります。高品質でリーズナブルな価格のミネラルウールがこれにぴったりです。次に、パイプを敷設します。パイプは単一の全体であるため、そのトランジションについては、カットを行う必要があります.

温水床用パイプ用の木製ファスナーを取り付けるためのオプションの1つ

温水床用パイプ用の木製ファスナーを取り付けるためのオプションの1つ

正しく取り付けられている場合、ギャップやコールドゾーンは形成されません。スペースが表示される場合は、ポリウレタンフォームで除去する必要があります。.

また、暖房効果を高める断熱材もお忘れなく。

また、暖房効果を高める断熱材もお忘れなく。

敷設および固定パイプは暖房システムに接続する必要があり、構造の強度、その性能を確認してください。インストールの次の段階は、スペースを「閉じる」ことです。無地の合板を木造フレームに釘付けし、クラッディングを完成させます。.

温水床のパイプ間の空きスペースを埋めるためのオプションは異なる場合があります

温水床のパイプ間の空きスペースを埋めるためのオプションは異なる場合があります

設計上の利点:

  • 知識、スキル、特別な機器を必要としない迅速な設置。
  • 作業と材料の許容可能なコスト。
  • インストール直後の使用の可能性.

カントリーハウスの明るいリビングルームの温水床

カントリーハウスの明るいリビングルームの温水床

この設置方法の欠点は、敷設パイプと合板の間のスペースが何も満たされていないことです。これにより、構造物の熱伝導率が低下し、部屋が正常に加熱されなくなります。当然のことながら、このシステムでは常に快適な温度を維持し、暖房費を削減できますが、フル稼働では機能しません。.

木造住宅の暖かい床:2番目の方法

このインストールオプションは、より時間がかかり、信頼性があります。床暖房は段階的に設置されます:

  • 設置のための表面処理;
  • パイプを取り付けるためのフレームを作成するための木製の丸太の設置。

この方法はより手間がかかり、より多くの時間と労力がかかります。

この方法はより手間がかかり、より多くの時間と労力がかかります。

  • 断熱材の設置:ミネラルウール、ポリスチレンなど。
  • 木製の丸太に取り付けられているベースの設置。これらの目的のために、チップボードを使用することをお勧めします。
  • パイプが配置される、敷設されたチップボードの溝の配置。溝には必ず丸い角が必要です。
  • 反射材の配置-フォイル;

ホイルは最高の断熱建材の1つであり、温水床の土台に最適です。

ホイルは最高の断熱建材の1つであり、温水床の土台に最適です。

  • パイプの敷設とシステムへの接続、試運転。
  • アルミニウムまたは亜鉛メッキシートの敷設;
  • 表面材の敷設.

このように暖かい床を設置する場合、寄木細工はクラッディングに使用されません。今日最も受け入れられる材料はラミネートです。熟練したビルダーが、自分の手で暖かい床を作り、その機能を完全に実行する方法を教えてくれます。また、暖房システムの機器の販売を専門とする会社から情報を入手することもできます。.

温水床を敷設するバリエーションのもう1つ

温水床を敷設するバリエーションのもう1つ

設計上の利点:

  • 知識、スキル、特別な設備を必要としない設置作業の迅速な実行。
  • 作業と材料の許容可能なコスト。
  • インストール直後に使用する機能。
  • 金属シートによって達成される強度-ベース;
  • 加熱された使用可能領域の増加、コールドゾーンの欠如.

重要!このオプションの主な欠点は、フェーシングに寄木細工を使用できないことです。このベースは可動性と柔軟性があり、寄木細工の床の下にコンクリートを注ぐ必要があります。.

寄木細工は設置が非常に簡単で、高品質の素材を購入すると、天然木と同じくらい印象的です。

寄木細工は設置が非常に簡単で、高品質の素材を購入すると、天然木と同じくらい印象的です。

木造住宅の暖かい床:第三の道

パイプを敷設し、木造住宅に暖かい床を作成するためのこのオプションは、2番目のオプションとほとんど同じです。自分で行うことも可能です。この取り付け方法の主な違いは、チップボードではなく、木のボードを使用することです。それらは表面をより耐久性と耐久性のあるものにします.

暖かい木の床:4番目の方法

パイプを固定するための木製の丸太の代わりに、多くの金物店で見つけることができる温水床用の既製のベースを使用できます。

パイプを固定するための木製の丸太の代わりに、多くの金物店で見つけることができる温水床用の既製のベースを使用できます。

今日、既製の構造物は建築材料市場で購入することができます。床暖房を専門とする企業は、設置作業を簡単かつ迅速にするシステムを開発しました。たとえば、パイプラインを敷設するための既製の溝を備えた特別な反射プレートを使用すると、どの部屋にも暖かい床を簡単に取り付けることができます.

木造住宅で暖かい床を作る方法:既製の構造もさまざまなバリエーションがありますが、すべてのオプションを使用すると非常に便利です

既製のデザインにもさまざまなバリエーションがありますが、すべてのオプションを使用すると非常に便利です。

そのような床を作るのに多くの時間と労力を要しないので、多くの人々は既製の構造を好みます。.

温かみのあるフローリング用の既製のベースが利用できるため、必要な距離に非常にすばやくパイプを敷設できます。

温かみのあるフローリング用の既製のベースが利用できるため、必要な距離に非常にすばやくパイプを敷設できます。

無垢フローリング:5番目の方法

絶縁材に特殊ポリスチレンを使用している場合は、直接パイプを敷設することができます。配管はフレームのすぐ下に配置する必要があります。スペースは石膏で満たすことができます。この材料はコンクリートとして機能し、完全に暖かい表面を作成します。.

石膏は、きれいな砂、膨張した粘土に置き換えることができます。しかし、いずれにせよ、これらの材料はコンクリートスクリードと同じ特性を持っていません。.

あなたが見ることができるように、温水床を敷設するための多くのオプションがあるので、あなたはあなたに合ったものを選ぶ必要があります。

あなたが見ることができるように、温水床を敷設するための多くのオプションがあるので、あなたはあなたに合ったものを選ぶ必要があります。

別のオプションとして、暖かい床を作る方法があり、そのビデオをサイトで見ることができます。少し工夫を凝らし、正しい計算をしたことで、すべてがうまくいくことが保証されており、インストールは喜びをもたらします。システム自体はそのパフォーマンスに感銘を与えるでしょう.

木造住宅で暖かい床を作る方法:パイプを配置する方法

専門家が家の中で暖かい床を作る方法を教えてくれます。彼らは、パイプを任意の方法で配置することをお勧めします。建築要素は積み重ねることができます:

  • “蛇”。この方法は熱損失が少ないという特徴があり、簡単な方法ではありません。その特徴は、お湯の流れが最初に寒冷地、たとえば外壁に供給されるという事実にあります。この設置方法を使用する場合、出口と入口の間の温度差はわずか数度でなければならないことを覚えておく価値があります。これらの数値が重要である場合、これは不適切な設置を示し、床が暖かく感じられないという事実につながります。 「ヘビ」は合わせるのが簡単ではありません。今日、あなたはこのようにパイプを敷設するための特別なフレームを購入することができます。独自のデバイスにより、作業が大幅に簡素化されます.

温水床用のパイプを敷設する最も一般的な方法の1つはヘビであり、広い部屋に適しています

温水床用のパイプを敷設する最も一般的な方法の1つはヘビであり、広い部屋に適しています

  • 「カタツムリ」。このスタイリング方法はスパイラルとも呼ばれます。このようなパイプ配置を使用すると、熱の均一な分散が保証されます。スパイラル方式の出口と入口の温度差は、パイプが交互になるため、最大10度になる可能性があります。この方法は、コールドゾーンの形成を排除し、パイプの節約につながります。.

カタツムリのパイプ敷設方法は、非標準フォーマットの小さな部屋に適しています

カタツムリのパイプ敷設方法は、非標準フォーマットの小さな部屋に適しています

いくつかの別々のカールで構成されるカタツムリで温水床のパイプを敷設する別のより難しい方法

いくつかの別々のカールで構成されるカタツムリで温水床のパイプを敷設する別のより難しい方法

国境地域への床暖房の設置

より多くの熱を必要とする温水床と境界ゾーンを設置するときは覚えておくことが非常に重要です

より多くの熱を必要とする温水床と境界ゾーンを設置するときは覚えておくことが非常に重要です

境界ゾーンは、家の外壁の近くの場所です。壁に窓やドアがある場合は、そのような場所に特に注意を払う必要があります。そのため、民家の暖かい床の作り方を事前に考える必要があります。エッジゾーンでは、パイプはより小さなピッチで設置する必要があります。たとえば、境界領域では、ピッチは75〜150 mmで、部屋の残りの部分では最大300mmです。エッジの加熱には、「カタツムリ」方式と「スネーク」方式の両方を使用できます。どちらのオプションもこの目的に適しています。.

木造住宅で暖かい床を作る方法:写真では、家の壁の近くのパイプ間の距離が互いにどれだけ近いかを見ることができます

写真では、家の壁の近くのパイプ間の距離が互いにどれだけ近いかを見ることができます。

木造の温かみのある床が素晴らしい雰囲気を醸し出しています。システムの最新のインストールは、カントリーハウス、サマーコテージ、人々が常に住んでいるコテージにとって理想的なオプションです。暖かい床に足を踏み入れるのがどれほど楽しいか想像してみてください。特に自分で給湯器を作ることができるので、驚くべき快適さの感覚を楽しんでください。.