スタジオアパートの65のゾーニングのアイデア

自由に使える部屋が1つしかない場合、主なタスクの解決策で頭を悩ませて、思わず美学を忘れてしまいます。ダブルベッドを置く場所、リビングルームに割り当てる平方メートル数、そしてこの混乱の中でどこにあるか。保管場所のスペースを見つけるには?自由な動きは言うまでもありません。一般的に、ワンルームアパートのゾーニングは簡単な仕事ではありません。幸いなことに、「車輪の再発明」を行う必要はありません。記事からアイデアを得るだけです。!

ゾーニングの主な方法

スタジオアパートのようなオープンスペースは今日非常に人気があるので、ワンルームアパートの所有者は自分の家を誇りに思うことができます。それらでは、パーティションの数が最小限に抑えられ、スペースと自由に重点が置かれています。.

しかし、インテリアを調和的に整理するためには、ゾーニングに頼る必要があります。これはデザインの世界における一種の魔法の杖であり、機能を維持しながら部屋を目に見えるリビングエリアに分割することができます。これには、布地から家具まで、何でも使用できます。.

スクリーン

伝統的に、女性は服装を変えて尊厳を維持するためにスクリーンの後ろに隠れていました。長い間、この要素は忘れられていました-最小のアパートでも着替える場所を見つけることができるか、または道徳が変わるためです。しかし、これはパーティションの最も単純なバージョンであるため、無駄です.

画面は、スペースを2つの領域に分割する必要がある場合に最適です。同時に、それらは移動可能であり、複雑な設置を必要とせず、組み立て時に多くのスペースを占有しません。どんなスタイルにも合う商品を購入したり、部屋の一部を詮索好きな目から隠したり、インテリアを飾ることで明るい輪郭を作成したりできます.

1部屋のアパートのゾーニング-スクリーン 1部屋のアパートのゾーニング-スクリーン

カーテンとカーテン

部屋がゾーンに明確に分割されないようにするために、カーテンを使用できます。それらは寝室を囲うのに最も適しており、熟睡を促進する親密で居心地の良い環境を内部に作り出します。.

ただし、効果は素材によって異なります。たとえば、軽いチュールは部屋の残りの部分からその領域を視覚的に分離するだけですが、それはそれに開放感を与えます。より大きなカーテンはゾーニングの優れた仕事をしますが、小さなスペースには明るい色合いのテキスタイルを優先する方が良いでしょう。.

部屋の中の通常のコーニスにカーテンパーティションを設置するか、天蓋のホルダーのような構造を作成することができます.

スタジオアパートメントゾーニング-カーテンとカーテン スタジオアパートメントゾーニング-カーテンとカーテン

石膏ボードパーティション

石膏ボードの仕切りを利用して、1部屋のアパートを視覚的にゾーニングできます。モバイル画面など、必要に応じて削除するのは問題がありますが、見た目は主壁と見分けがつきません。.

乾式壁構造は、安価で軽量、設置が簡単で、遮音性に優れています。平ら、丸い、アーチ型にすることができ、ユニークなデザインを作成するのに役立ちます。スペースのニーズに応じて、インテリアや壁の目立たない部分に明るいアクセントを付け、どのような場合でもゾーニングの使命に完全に対応します。.

ワンルームアパートのゾーニング-石膏ボードパーティション ワンルームアパートのゾーニング-石膏ボードパーティション

棚とキャビネット

私たちは壁に沿って本棚や棚を置くことに慣れているので、部屋の大部分を「奪う」ことができます。スペースを節約して2つのゾーンに分割するには、そのような家具を壁に対して垂直に配置するだけで十分です。.

このためには、スルーシェルフ付きのキャビネットが適していますが、閉じた構造の場合は、裏面をミラーリングするか、特殊な塗料で覆ったスレートボードとして使用できます。複数の機能を一度に組み合わせたアイテム-小さなアパートだけでなく、広々とした部屋のためのモダンなソリューション.

スタジオアパートメントゾーニング-棚とワードローブ スタジオアパートメントゾーニング-棚とワードローブ

表彰台

小さな表彰台は、スタジオアパートをゾーニングするもう1つの優れた方法です。高い天井の所有者は、居間、食堂を配置するか、それについて勉強することができます。しかし、天井が低いと、最小限の動きで寝室しか買えません。.

そのような丘は、引き出しのおかげで、追加の収納スペースとして機能することができます。非常に高い表彰台の場合は、手順をお勧めします。表彰台の利点は、余分なスペースをとらず、一部の領域を強調するのに役立つことです。.

スタジオアパートのゾーニング-表彰台 スタジオアパートのゾーニング-表彰台 スタジオアパートのゾーニング-表彰台

スライド式パーティション

スライドドアの原理に基づいて設計されたこのようなパーティションを使用すると、領域を完全に分離したり、開いたりすることができます。オープンモダンな製品は最小限のスペースしか必要とせず、さまざまな素材のおかげで、適切な雰囲気を作り出すのに役立ちます.

たとえば、結果の領域に窓がない場合は、プライバシーを提供するが、ある程度の光は通過できる半透明の表面を選択することをお勧めします。理想的には、そのようなソリューションは日本のスタイルやミニマリズムに適合します。.

スタジオアパートのゾーニング-スライディングパーティション スタジオアパートのゾーニング-スライディングパーティション

ワンルームマンションの保育園と居間のゾーニング

ワンルームアパートは独身者のための解決策だけではありません。適切なゾーニングオプションを選択すれば、子供を持つ夫婦はここに快適に対応できます.

小さなお子様の場合は、部屋の中で最も暖かくて軽い部分を選択する必要があります。これは、時間の経過とともに拡張または変更できます。.

子供の安全を監視すると同時に、個人的なスペースを提供するために、通常のスクリーン、カーテン、またはスライド式パーティションを使用できます.

すべての年齢の子供たちは表彰台の上の保育園を気に入るはずです、そして高いほど良いです。このために、あなたは二段家具を購入することができます。 2つのゾーンを横切るテーブルで構造を変換すると、子供の活動を制御するのに役立ちます.

花の助けを借りて、1部屋のアパートのリビングルームから保育園を視覚的に分離することができます。多くの場合、子供たちは明るく楽しいものすべてに貪欲であるため、子供たちのコーナーは他のコーナーと簡単に区別できます。インテリアの色合いが組み合わされていることを確認する必要があります。.

ワンルームマンションの保育園と居間のゾーニング ワンルームマンションの保育園と居間のゾーニング ワンルームマンションの保育園と居間のゾーニング ワンルームマンションの保育園と居間のゾーニング

スタジオアパートの寝室と居間のゾーニング

この一般的なゾーニングオプションでは、任意のタイプのパーティションが機能します。レイアウト、デザイン、および目的の効果の機能に基づいて構築する必要があります.

正方形のスタジオアパートメントでは、密集した間仕切りで寝室エリアを強調するのが通例であり、これは実際には別の部屋の感覚を生み出します。これは、さまざまなタイプを組み合わせることで実現できます。たとえば、片側に棚、反対側にカーテンがあります.

スタジオアパートの寝室と居間のゾーニング スタジオアパートの寝室と居間のゾーニング スタジオアパートの寝室と居間のゾーニング スタジオアパートの寝室と居間のゾーニング

1部屋のアパートのゾーニングのアイデア-写真

ゾーニングの原則が関係する1部屋のアパートの実施されたプロジェクトほど理論的な資料をよく説明するものはありません。それらを研究することで、あなたは自分自身のために興味深いアイデアを得ることができ、さまざまなソリューションの有効性を確認することができます。.

1.モスクワの木製の美学

Welcome Studio inWoodプロジェクトのデザイナー&ストーンは、親密さと開放性という2つの相反する特性を組み合わせることができました。典型的なodnushka49平方メートル。便利な正方形に分割された比例空間に変わりました。アパートには、義務的な「快適な生活のために設定された」からの次のゾーンが含まれています:寝室、書斎、リビングルーム、小さなダイニングルーム付きのキッチン.

ゾーニングは、ブラインドに似たデザインの木製の仕切りを使用して行われます。それらは光を取り入れ、どこでも使用され、全体的なインテリアから切り離せない全体的なイメージを作成します。自然な仕上げ材が家の中で明るい雰囲気を作り出します.

モスクワの木製の美学-1部屋のアパートのゾーニング モスクワの木製の美学-1部屋のアパートのゾーニング モスクワの木製の美学-1部屋のアパートのゾーニング モスクワの木製の美学-1部屋のアパートのゾーニング モスクワの木製の美学-1部屋のアパートのゾーニング モスクワの木製の美学-1部屋のアパートのゾーニング モスクワの木製の美学-1部屋のアパートのゾーニング モスクワの木製の美学-1部屋のアパートのゾーニング

2.フルシチョフの1部屋のアパートのゾーニング

このタイプの住宅は、夢のアパートとは言い難い。小さいサイズと低い天井は再開発を複雑にするだけで、「ツール」の選択を制限します。しかし、デザイナーのアレナ・ガンコはこれらのアパートを快適に整理することができました.

元のレイアウトでは、いくつかの壁を解体する必要がありました。その後、寝室と廊下の間に機能的なゾーニング構造が配置されました。それは同時に本やワードローブのニッチであり、レクリエーションエリアを分離しているため、可能な限りコンパクトで快適です。.

リビングルームと同じスペースにあるキッチンは、狭いダイニングテーブルで視覚的に区別されています。ニュートラルな配色は、明るい家具に最適な背景です.

フルシチョフのワンルームアパートのゾーニング フルシチョフのワンルームアパートのゾーニング フルシチョフのワンルームアパートのゾーニング フルシチョフのワンルームアパートのゾーニング フルシチョフのワンルームアパートのゾーニング フルシチョフのワンルームアパートのゾーニング

3.明るいアパートベスト

デザイナーのマルセルカディロフは、このウォークスルーの長いアパートをスタイリッシュなスタジオに変えました.

ゾーニングに頼らずにそのようなインテリアをデザインすることは困難です。結局のところ、独身住宅でも快適な境界があるはずです。.

スペースの中央には、小さな楽屋を形成する2つのワードローブがあります。彼女は、主な目的に加えて、廊下とリビングエリアを分けるのを手伝っています。同じ目的で、ソファとベッドの間に棚付きのパイプがいくつか設置されています-珍しいデザインのラック.

明るいベストのアパート-1部屋のアパートのゾーニング 明るいベストのアパート-1部屋のアパートのゾーニング 明るいベストのアパート-1部屋のアパートのゾーニング 明るいベストのアパート-1部屋のアパートのゾーニング 明るいベストのアパート-1部屋のアパートのゾーニング 明るいベストのアパート-1部屋のアパートのゾーニング 明るいベストのアパート-1部屋のアパートのゾーニング

4.居心地の良い「本」ロフト

ロフトスタイルは、他のスタイルよりも優れた計画の実験を「受け入れ」ます。第一に、デザインの産業的性質のため、そして第二に、自由と空間への渇望のためです。 Gut Gut Designの設計者は、この利点を利用して、小さな1部屋のアパートを効率的に整理しました。.

すぐに目を引くのは、部屋にある本の数です。したがって、居間とキッチンエリアを仕切るラックは、皿が置かれているにもかかわらず、適切に見えます。.

専用のリビングルームのおかげで、ニッチに位置するスリーピングプレイスは、デザインから「脱落」することなく、離れて見えます.

居心地の良い「本」ロフト-1部屋のアパートのゾーニング 居心地の良い「本」ロフト-1部屋のアパートのゾーニング 居心地の良い「本」ロフト-1部屋のアパートのゾーニング 居心地の良い「本」ロフト-1部屋のアパートのゾーニング 居心地の良い「本」ロフト-1部屋のアパートのゾーニング 居心地の良い「本」ロフト-1部屋のアパートのゾーニング 居心地の良い「本」ロフト-1部屋のアパートのゾーニング

5.ミニマルなアパート

アメリカ人デザイナーのPageGoolrickは、ゾーニングスペースに関して学ぶべきことがたくさんあります。この真っ白なアパートは良い例です。.

正方形のレイアウトは、エリアに正しく分割しない限り、1部屋のアパートには最適なオプションではありません。このインテリアの重要な役割は、両側の半透明のパーティションをスライドさせることで分離されたコーナーのベッドルームエリアによって果たされました。.

したがって、このエリアは、閉じていると、ほとんど別の部屋のように見え、リビングルームとキッチンの境界を定めますが、キッチンとダイニングルームの間の接続は残ります。島のように暗い寄木細工の床に白いカーペットが敷かれ、居住空間を際立たせ、心地よさを感じさせます。.

ミニマリストアパート-スタジオアパートゾーニング ミニマリストアパート-スタジオアパートゾーニング ミニマリストアパート-スタジオアパートゾーニング ミニマリストアパート-スタジオアパートゾーニング ミニマリストアパート-スタジオアパートゾーニング ミニマリストアパート-スタジオアパートゾーニング ミニマリストアパート-スタジオアパートゾーニング ミニマリストアパート-スタジオアパートゾーニング ミニマリストアパート-スタジオアパートゾーニング

ビデオ:ワンルームアパート-ゾーニングとインテリアデザイン