赤と黒のキッチン:デザインのアイデア(70枚の写真)

赤と黒のキッチン:デザインのアイデア(70枚の写真)

美しい明るいキッチンは、どんな主婦の誇りでもあります。多くの場合、この部屋は食事の準備だけでなく、友人や家族との集まりにも使用されるため、最もリラックスした雰囲気がここに君臨します。近年のトレンドはオリジナリティやインテリアデザインの贅沢さを重視しており、赤と黒の部屋が自慢です。樹脂色は緋色に最適です。そのような野心的な組み合わせは、一日中あなたをエネルギーで満たし、おいしい夕食の後に情熱の一部をもたらします。.

インテリアスタイル

深紅と木炭の根本的な融合は、最もファッショナブルな環境のデザインの特徴です。その上で、既存のスタイルの方向性のほとんどのデザインを構築することができ、適切なストロークでデザインを補足するだけで済みます。.

ミニマリズムのスタイルの赤と黒のキッチン

最も実用的で機能的な方向性。ここではすべてが非常に制限されており、無駄なアイテムはありません。クリアなライン、モノクロのカウンタートップ、十分な光とスペースを備えた光沢のある家具の表面は、スタイルの主な特徴です。小さなアクセントの深紅色のアクセントが付いたチャコールブラックの家具が特徴です。.

紫色のヘッドセットを選択することで、ルールから逸脱することができます。そうすると、ダイニングテーブルと椅子、エプロン、または卓上が灰黒色になります。天井と壁のパネルは金髪(白、乳白色)の色で装飾されています.

赤と黒のミニマリストキッチン-インテリアデザイン 赤と黒のミニマリストキッチン-インテリアデザイン

ハイテクの赤と黒のキッチン

この方向のすべてのルールに従うと、黒と赤のトーンは非常に有利に見えます。特徴は、ガラスや金属部品が入った家具の光沢仕上げ、超近代的な家庭用および照明器具(隠し照明を含む)の存在、キッチン家具の明確な形状です。.

樹脂と緋色の色合いのハイテクセットは、白とグレーの背景トリム、テラコッタの「テクノ」パターンの金属エプロンによってうまく補完されます。床は、大きな暗いタイルまたは白と組み合わせた裏地付きの「チェッカーボード」で敷設することができます.

ハイテク赤と黒のキッチン-インテリアデザイン ハイテク赤と黒のキッチン-インテリアデザイン

赤と黒のモダンなキッチン

ここでは、黒と赤の色のキッチン家具は、線や曲線をねじることなく、抑制された形状をしています。このような手法は、天井面にのみ受け入れられます。多くの場合、設計者は一般的なスペクトルにライトグレーの塗料を追加します。これは側面を装飾するために使用できます。また、この範囲には上部の吊り下げキャビネットと下部のキャビネット(紫色)があります。表面がラッカー仕上げのすりガラスインサート付きのセットを選択することは許容されます-これは部屋を視覚的に拡大するのに役立ちます。床は樹脂色のタイルまたはダークウッド風のラミネートで敷かれています.

赤と黒のアールヌーボーキッチン-インテリアデザイン 赤と黒のアールヌーボーキッチン-インテリアデザイン

赤と黒のカントリースタイルのキッチン

そして、この居心地の良い郊外の方向では、赤と黒の色域がうまくいくかもしれません。メインの背景の作成は、ベージュ、グレー、オリーブの明るい色調にあります。同時に、ヘッドセットのカーテンやファサードに繰り返される、テクスチャード加工の石膏、小さな花柄の壁紙が見栄えがします。床には、木のような素材が選ばれます-セラミックまたはラミネート.

深紅色の色合いでは、主な家具が選択されますが、明るい緋色は歓迎されないため、赤菊やクランベリーの色など、最適な色調を選択することが重要です。光沢のある樹脂は、個々の小さな追加として画像を完成させることができます.

赤と黒のカントリースタイルのキッチン-インテリアデザイン 赤と黒のカントリースタイルのキッチン-インテリアデザイン

日本のミニマリズム風の赤と黒のキッチン

濃いグレーと組み合わせたチェリーカラーがあります。日本人の真っ白な色は悲しみの象徴と考えられているので、実際には使われていません。トレンドは、機能的なオブジェクトのみが支配するミニマリズムの特徴によって特徴付けられ、装飾の役割は国の属性、竹のランプによって果たされます.

天井シートは乳白色、クリーム色、またはライトグレーで作られています。床の場合は、ラミネートまたはコルクの床で停止することをお勧めします。キャビネットは、ほとんどの場合、「ダークボトムとチェリーモジュラートップ」の原則に従って設計されています。光沢は推奨されておらず、マットな表面に取って代わられます.

赤と黒の日本のミニマリストキッチン-インテリアデザイン 赤と黒の日本のミニマリストキッチン-インテリアデザイン

仕上げと素材

キッチンルームはかなり特定の微気候を持っているので、クラッディングの選択には厳密なアプローチが必要です-それらは高湿度と高温に耐性があり、掃除が簡単でなければなりません。さらに、料理の準備に加えて、家族の食事やレセプションがここで開催されるため、美的指標が重要な役割を果たします。アロレジンカラーで作られたキッチンルームは、背景色の選択に特別なアプローチが必要です.

床は、ラミネート、リノリウム(液体を含む)、マットな磁器の石器、漆塗りのコルクで飾ることができます。しかし、タイル張りの石積みのような壮観でキャッチーな方法を優先する方が良いでしょう。黒い色で作られた、与えられた環境に適した最高の品質(耐摩耗性、掃除が簡単、滑りにくい)を備えているという事実に加えて、それは全体的な背景画像にシックを追加し、強調します深紅色の豊かさ.

炉床が公式のタッチを獲得するので、白いデザインは避けるべきです。内部暖房システムを備えた「暖かい床」を配置することができます。広々とした部屋では、材料が組み合わされて、作業エリアとレクリエーションエリアが分離されることがよくあります。.

赤と黒のキッチンデザイン-床仕上げ 赤と黒のキッチンデザイン-床仕上げ

メインの背景を作成するのは簡単な作業ではありません。表面は、水性塗料、壁紙、セラミック(「レンガ」の黒バージョンが印象的です)、装飾的な石膏または石にすることができます。 3Dとフォト壁紙の挿入の可能性.

雰囲気の厳しさを和らげるために、織り目加工の形、エンボス加工された装飾が施された壁紙を優先することをお勧めします。クリーム、グレー、ミルキーカラーの明るいハーフトーンを選択してください。特定の領域では、それらを強調するアクセントサーフェスを配置できます。たとえば、ダイニングテーブルの壁に、赤または黒の小さなパターンのパール単色壁紙を貼り付けます。.

赤と黒のキッチンデザイン-壁の装飾

シーリング

ライトクリーム、パール、ミルキートーンの天井面が理想的です。白塗りや塗装からストレッチフィルムを使った吊り構造物の建設まで、かなりの数の仕上げ方法があります。多くの場合、上部を2レベルの石膏ボードの形で覆い、広いスペースのゾーニングが実行されます。この場合、調理エリアの上の表面は明るいままにすることができ、光沢のあるストレッチキャンバスの紫色のインサートがダイニングエリアまたは休憩場所を強調します。樹脂の色はめったに使用されませんが、大きなスタジオアパートメントではこの色も使用できます.

赤と黒のキッチンデザイン-天井仕上げ 赤と黒のキッチンデザイン-天井仕上げ

キッチン用家具

環境の要素を選択する際には、抑圧的に攻撃的な雰囲気を作り出さないように細心の注意を払う必要があります。下部が暗くなり、上部が明るくなるソリューションにこだわる方がよいでしょう。それでも、主な重点は赤いパレットにあるべきであり、それは暗い要素によってうまく補完されます。部屋の大きさが小さい場合は、目を引くアクセントを1つだけ作成できます。たとえば、ラズベリーブラックのハンギングキャビネットを設置し、残りの明るい範囲にエプロン、カウンタートップ、その他の家具の明るい色合いを追加します。.

彼らはしばしば樹脂の底と緋色の頂部を備えたエレガントなセットを手に入れます。それは完全に夜の色で作ることができます-そして、明るい壁の装飾、ドアのすりガラスのインサート、光沢のあるファサード、同じスタイルで作られたモダンな厳格な付属品は、雰囲気を和らげるのに役立ちます.

ヘッドセットは他の家具と組み合わせて、単一の構成を構成する必要があります。優れた解決策は、赤い椅子(またはその逆)を備えた黒いダイニングテーブル、透明な表面、黒と緋色のバーカウンター、作業島です。.

赤と黒のキッチンデザイン-家具 赤と黒のキッチンデザイン-家具

装飾と照明

贅沢なパレットの独創性により、部屋に高品質の照明を装備する必要があります。このような組み合わせは現代的なスタイルのソリューションの特徴であるため、最新の技術進歩に応じて、照明装置が適切である必要があることに留意する必要があります。ここではスポットライトと指向性ランプが主流です。ダイニングエリアによく似合うシャンデリアを配置できます。興味深いオプションは、ペンダントの反射が不思議な光の遊びで部屋を埋める、燭台とクリスタルのシャンデリアのセットです。ペンダントランプも使用されており、バーカウンターの上で見栄えが良く、エリアを際立たせます。.

赤と黒のデザイン自体はかなり豊富なので、装飾的な要素をたくさん配置するべきではありません。ファサード、壁掛け時計、現代の家電製品、そして形作られた天井の絵は、この役割に完全に対処します。部屋が広々としている場合は、壁にいくつかの抽象絵画を追加することができますが、ロマンチックな詳細(花束、テーブルクロス)を置く場所はありません.

赤と黒のキッチンデザイン-装飾と照明 赤と黒のキッチンデザイン-装飾と照明

小さな赤と黒のキッチン:インテリアデザイン

グッズが用意されている小さなキッチンルームを修理する場合、追加の平方メートルを得るために、それをリビングルームまたは廊下と組み合わせることが可能かどうかを尋ねることから始める必要があります。これを除けば、必要な家電製品にも対応できる、最もコンパクトで広々とした家具を選びます。ほとんどの場合、角度のあるデザインが優先されます.

小さなスペースを暗くする価値はないので、仕上げは明るくすることが望ましいです。暖かいガーネットのスペクトルでは、壁の1つを作ることができます。グレーブラックの床タイルまたはラミネートフローリングは、深紅色のセットと完全に対照的であり、暗い底から最も明るい天井の上部への流れを作り出します.

また、高品質の照明にも注意する必要があります。調理ゾーンにスポットライトを設置したり、テーブルの上にペンダントライトやシャンデリアを設置したりできます。.

小さな赤と黒のキッチン-インテリアデザイン 小さな赤と黒のキッチン-インテリアデザイン 小さな赤と黒のキッチン-インテリアデザイン

赤と黒のキッチン-写真

私たちの写真のセレクションは、あなた自身の明るく表現力豊かな赤と黒のキッチンを作成するためにあなたを刺激するのに役立ちます。部屋のスタイルとサイズには多くのデザインオプションがあります。装飾と家具の色をどのように調和させることができるか、適切なセットを選択してモダンな照明を設計する方法を見つけることができます。ハッピービューイング!

赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真 赤と黒のキッチン-インテリアデザインの写真

ビデオ:インテリアの赤と黒のキッチン